Sipilica

about sipilica

Sipilicaは身につけた人に「人にも地球にもやさしくて、ここちよい暮らし」を
おくっていただきたいという願いをこめてもの作りをするジュエリーブランドです。
Sipilicaという名前はアイヌの言葉で「とても美しい」という意味
人が見たものやふれたものを「うつくしい」と感じることこそが
自然を愛する心や誰かを思いやる心につながっていくという思いを表しています。
Sipilicaのジュエリーを身につけた人がどこにいても自然とのつながりを感じ、
この地球のうえですべての命と調和するようにしあわせに日々を暮らしていただけたら
それは私たちにとってとてもしあわせだと思います。

designer

MAHO KATO

MAHO KATO 神奈川県鎌倉市出身

2005 年
ジュエリーブランド「Sipilica」スタート
その後、様々な音楽フェスやイベントに出店をはじめる
2006 年
鎌倉市長谷に週末だけのショップをオープン
2008 年
町田市に拠点を移し、アトリエショップを構える
2012 年
アトリエショップを中目黒に移転
2013 年
「Sipilicaicoro」「SipilicaicoroBRIDAL」
2つの新しいラインの展開をスタート
2015 年
Sipilica Co.Ltd. を設立
2016 年
「MAHOKATO」個人名での活動をスタート
初の作品展を出身地鎌倉の「GREENROOMGALLERY」にて開催

美しい海、静かな森、にぎやかな街
どこにいてもそれはすべて地球の上
大きな宇宙に包まれた、私たちが生まれたこの美しい星の上にいる
都市に暮らす私たちは時に自分たちが
自然と切り離された場所に暮していると感じることもある
でもその都市もやはり地球の一部で
灯りを消せば頭上には瞬く星空がひろがり
アスファルトの下には力強い大地が横たわり
そして私たち自身のなかにはいまも海水とよく似た水が流れている
私たちはいつでも、どこにいても大いなる自然の中にいる
そして自分自身のうちなる自然に目をむけ感じる事で
私たち自身もまた地球のひと欠片であることを感じることも出来るのだと思う

Sipilica atelier store

アトリエのまわりは閑静な住宅街
ここで暮らす方々の静かな生活をお邪魔したくはないので
大きな看板などはあえてつけておりません。
わかりにくくてごめんなさい。
こっそりと目印を出しておきますので
お散歩がてら宝さがしでもするように
たのしんで見つけていただければうれしいです。
東急東横線の中目黒駅から徒歩約10分、
東急池尻大橋駅から徒歩約7分かかります。
目印は「東山保育園」ここからは目と鼻の先
もしも道がわからなかったらお気軽に電話下さい。

Sipilicaアトリエ地図

2-11-15 Higashiyama Meguro-ku
Tokyo 153-0043 Japan
03 – 3715 – 8882
12:00 ~ 19:00
Close on Wednesday & Thursday

イベント出店時など臨時休業することもございます
またブライダルのご相談は予約制となっておりますので、
ご来店前にご連絡をいただけますようお願い致します。
ご予約がなくてもサンプル等をご覧いただくことはできますが
同じ時間帯に他のお客さまがいらっしゃる場合
ご予約のお客さまが優先となりますのでご了承下さい。
ブライダルのご相談予約はこちらから→

中目黒駅・池尻大橋駅からの詳しい道順はこちらをご覧下さい。

ジュエリー・アクセサリーのお取扱いについて

  • Sipilicaのジュエリー、アクセサリーはデリケートなものです。
    なるべく硬いものとの接触を避けて、保管はひとつひとつ布でくるむか、小分けにして保管していただければと思います。
  • とても小さなパーツを使用しております。乳幼児や子供がなめたり、口に入れたりすることのないよう、手の届く場所に放置したり保管することはお避け下さい。
  • 汗・化粧品・ほこりなどは、汚れる原因のひとつです。
    身に着けたあとは、必ず、柔らかい布かセーム皮(東急ハンズなどに売っています)などで優しく拭いてください。
  • シルバーや真鍮は金属アレルギーを起こしにくいと言われていますが、アレルギーを起こすかどうかは体質や使用状況にも影響されます。
    入浴時や就寝時には外していただいたほうが金属アレルギーや変色等のリスクを減らすことができます。
  • 革ひもやヘンプ等の天然素材の商品は、陽にやけると、色が変わっていきます。
    水や汗に弱いですので、入浴やスポーツ、雨の日には着用をさけることをおすすめいたします。
  • 天然石はとてもデリケートな素材です。衝撃を与えると割れてしまう事もございますので、ぶつけたり落としたりしないよう気を付けてお取扱いください。
    なお天然石が割れてしまった場合、デザインによっては修理ができない物もございますのでご了承下さい。

お手入れ方法

  • シルバーや真鍮のアクセサリーは、使用しているうちに色が変化していきます。
    その変わり方はくすんできたり、つや消しっぽくなったりとさまざまです。
    色の変化も楽しんでいただけますと幸いですが、もしもピカピカのままで使用したい場合はこまめに磨いていただけるようお願いします。
  • 着用を終了したら、すぐに柔らかい布などで汚れを拭き取り、密閉して保管してください。
  • 汗などでぬれてしまった場合は、真水でよくすすぎ、柔らかな布で水分を拭き取り、充分乾燥させてから保管してください。
  • 長くお使いの間に黒ずんできたり、緑色の部分が出て来たりした場合は軽く濡らしていただき、重曹で磨くと綺麗になります。
    なお天然石、天然素材には使用しないようにお願いします。